せともの祭とは

本文まで移動する
2020年9月11日(金)〜9月13日(日) WEBせともの祭陶器市は9月13日24:00をもって終了しました
せともの祭とは
* *

全国最大級の陶磁器イベント

 せともの祭は、愛知県瀬戸市で毎年9月の第2土曜日と翌日の日曜日に開催されるお祭りです。呼びものの「せともの祭大廉売市」は、瀬戸川両岸約800mに市内の瀬戸物問屋や窯元などが中心になって約200軒が陶磁器の販売をします。他に新作発表や陶芸展などが催される見ごたえ満点の産業祭です。

写真

写真

写真

せともの祭の由来

 せともの祭は、この地に磁器の製法を広めた磁祖・加藤民吉翁が、瀬戸染付焼の完成を神に感謝することから遙拝所として建立した窯神社の祭礼が原点でした。この社は初め、私設の神社でしたが、3代目になって没落し、同家が祭礼を行えなくなったため、大正5年(1915年)から瀬戸町全体の祭りとして行うことになりました。

磁祖加藤民吉翁の像/窯神神社/加藤民吉出生の地

窯神神社/加藤民吉出生の地

磁祖加藤民吉翁の像

せともの祭の歴史

 「せともの祭」の名称は、昭和7年(1932年)に加藤民吉翁の遺徳をしのぶ祭礼に合わせて陶磁器の廉売市が行われるようになり使われ始めました。当時は世界恐慌の最中で、不況にあえいでいた瀬戸の窮状を救うために在庫の山を整理することが目的であったとされています。以来、今日まで戦争により中止になった昭和19年、20年を除いて毎年開催されてきました。
 本来ならば今年で第89回を迎えるはずでしたが、コロナ禍の中で開催中止となりました。

写真